学年・学級だより

2017年11月の記事一覧

【6年生】音楽会に向けて①

先週から、学年合同での音楽会練習が本格的にスタートしました。

6年生は「私たちのふるさと、共に歩んだ仲間たち」をテーマとして

合唱 「ずっと・・・!」
合奏 「モルダウ」
合唱 「ふるさと」
合奏 「エルクンバンチェロ」

を披露します。

子供たちはクラス単位での練習の時とは違う緊張感の中、数少ない体育館での練習を意欲的に取り組んでいます。

今日の練習では、音楽の授業の際にも行う「呼吸」や「表情」の練習をした後、パートごとの細かなアドバイスを真剣な表情で聞いていました。

 

合唱では、歌い出しをはっきり出すといったことを課題としていました。

 

「歌詞を確実に覚えることで自信をもって歌うことができた。」「口を縦に開けることがいい表情をつくって歌うことにもつながることが分かった。」とふり返りに表現している子もいて、高い意識をもって練習に励む様子が伝わってきました。

合奏では一人一人がリコーダーや鍵盤ハーモニカ、鉄筋や木琴といった特別楽器の担当となっています。学年で合わせるごとに上達している様子が見られています。

 

様々な楽器を使って演奏するので、ぜひ音の重なりやリズムを楽しんで聴いてもらいたいと思います。

最後に練習を見学された校長先生からは「音の重なりがとても素晴らしい。ふるさとでは、情景を思い浮かべてそれがたくさんの人に伝わるように表現できるといいね。」とお褒めの言葉をいただきました。

6年生の集大成として悔いのない音楽会にできるよう、指導していきます。

【せせらぎ】吃音グループ

11月13日(月)に吃音グループの学習がありました。
「この前蒸しパンケーキ作ったばかりだ。」という声も聞こえました。

最初に、吃音の学習をしました。
「どもりそうになったとき、言葉を言いかえることがありますか。」などの質問に対して「ある・ない・どちらもない(わからない)」などの三つの答えからどれか一つを選びました。
「ある。」と答える子もいれば、「気にしないで話すよ。」と答える子もいて、いろんな考えを聞くことができました。


次に来月に行うせせらぎおわりの会の出し物を考えました。
何になるかはお楽しみです。


その後に風船バレーをしました。
風船が落ちてしまわないように飛び込んで拾う子がいたり、自分のチームが得点を決めたときは大喜びしたりなど、とても楽しそうに取り組んでいました。


最後に振り返りをしました。


「吃音の勉強では、みんないろんな考えがあるんだなと思いました。」
「風船バレーは初めてだったけど、とても楽しかったです。」
など、多くの感想を話し合いました。
吃音のことを一緒に話し合える仲間がいることを再確認できる
とても良い時間となりました。

【6年生】社会科見学~ユニセフハウス・国会議事堂~


11/6に6年生は、社会科見学でユニセフハウスと国会議事堂に行ってきました。

行きは朝の通勤渋滞に巻き込まれながらも、バスレクで盛り上がり、気持ちを高くもってユニセフハウスに到着です。

〈ユニセフハウス〉
『ユニセフ募金は知っているし、実際にお金を募金したこともあるけれど、どんなことに使われているのだろう。』
『ユニセフは、他にどのような活動をしているのだろう。』
という疑問を解決するためのたくさんのヒントを講師の先生のお話から、また実物を触ったり、体験してみたりすることから、見付けてきました。
  
全ての活動が終わってからの子供たちからは、
「自分たちの募金は少しだけど、たくさんのビタミン剤を買えることが分かって、役に立っていることを実感できました。」
「世界の中で、日本は先進国ということが分かって、自分たちにできることはもっとあるのではないかと考えました。」
という感想が挙がりました。
  
子供たちがしっかりと学びを受け止めていることが伝わってきました。

その後、すぐに昼食場所の憲政記念館へ
しかし、アメリカ大統領来日の交通規制が広範囲で行われており、大幅に遅れての到着です。
短い時間の中ではありましたが、お家の方に作っていただいた美味しそうなお弁当を食べました。

そして、いよいよ国会議事堂へ移動です。

〈国会議事堂〉
参議院体験プログラムを申し込んでいたため、すぐに会場入りできました。
会議が開かれているということで、階段も廊下も静かに移動しました。子供たちのマナーが素晴らしかったです。

会場では、あらかじめ選出していた代表児童が役割ごとに席に着き、台本に合わせて『裁判員参加法案』について審議しました。
  
本会議には、全児童が参加し、押しボタン式投票を行いました。
  
『裁判員参加法案』は、222名中、賛成118名、反対104名で、可決されました。
体験プログラム後は、国会議事堂内を見学し、本会議場、御休所、中央広間を見て回りました。

子供たちからは、
「普段、テレビでしか見たことのない議会会場を見られて、今度からただ見るだけでなく、考えながらテレビで流れるニュースを見ていきたい。」
「実際に、審議に参加して、僕たちの考えも取り入れられることを知りました。」
という感想が挙がりました。
国会議事堂の外観にも、「きれい!」と驚く子もいました。

帰りも渋滞に巻き込まれてしまい、帰校が大幅に遅れてしまったこと、申し訳ありませんでした。
しかし、一般道を通ったことにより、当初見る予定のなかった最高裁判所の外観や外務省前を通って見ることができました。


今日の学習を、これから、レポートにまとめて発信していきます。