最新記事

学校生活

4月13日児童朝会

  

今年度初めての児童朝会は、体育館で行われました。平成22年度夏の全国高校野球で優勝した沖縄の興南高校監督のお話を紹介して「だれでもできることを全力でやる」をテーマに、副校長先生からお話がありました。

「伸びる子とそうでない子は最後は『心』が決める。小さなことを確実にする選手は間違いなく大きな仕事ができる」些細なことにも真剣に取り組む姿勢の大切さを話されました。

「忘れ物をしない」「宿題は必ずやる」「なわとびをがんばる」「そうじをきちんとする」「家のお手伝いをする」など。

「あきらめない限り、夢は続く」。とメッセージは続きます。日々やるべきことをきちんとやり遂げることが夢への第一歩です。たくさんの大事なお話が話されました。子供たちも自分を振り返り、今自分のできることは何か、続けられることはないかを見直して、これからの生活で実践して欲しいと考えています。

H27年度入学式

   
始業式の後、平成27年度入学式が行われました。良く晴れて暖かな体育館です。起立、礼のおじぎや返事など素直にしっかりと出来ていた一年生。児童を代表して6年生が参列し、2年生は出し物を披露してくれました。今日から七生緑小の一員です。どうぞよろしくお願いします

平成26年度卒業式

 
 

平成26年度卒業式の様子です。卒業のテーマは「勇気と笑顔 輝く未来」。お祝いにたくさんの方が参列してくださいました。


校長先生からは「若いとは、可能性を無限に生かすこと」「若いとは、身命かけること」「また若いとは、未来を開拓すること」今日から明日、未来へと一つ一つ歩みを進めていきましょう!という祝辞がありました。


美しい歌声が響き、一生懸命な子供たちの気持ちが伝わる素敵な卒業式でした。七生緑小の卒業生であることに誇りをもって、中学校へと進んで行ってほしいです。

平成26年度修了式

 

平成26年度修了式です。校長先生から各クラスの代表者に修了証が渡されました。1年生やあおぞら学級の児童から、今年の反省や、来年頑張りたいことなどの発表がありました。多くの人の前でもしっかりとお話出来ています。今日は「あゆみ」を持ち帰ります。頑張ったことや次にもっと良くなるためのアドバイスなど、励ましをよろしくお願いします。

3月23日全校朝会

 

今日の副校長講話は、詩人の金子みすずさんの「こだまでしょうか」を紹介してのお話でした。


相手にきつい言葉を言えば、きつい言葉が返ってくるし、やさしく話しかければ、相手もやさしく答えてくれる。人というのはそういうものです。だから、お互いに気持ちよく過ごす為には、友達には優しい気持ちで、優しい言葉をかけられるようになれるといいです、というお話でした。


この詩を介して、普段の友達との関わりについてどのように友達と関わっているかを振り返り、友達と仲良く過ごして欲しいなと願っています。