最新記事

学校生活

4年生 空手道体験教室

4年生は日野市空手道連盟から講師をお招きして空手道体験を行いました。

空手の歴史や心構えを聞き、DVDを見ながら空手の型を知り、実際に体験をしました。

子供たちは、講師の先生の手本を見ながら、突きや受けの構えを行いました。

どの児童も、興味をもって、講師の先生の話を聞いたり、型を真似て体験を行ったりしていました。

暑い日でしたが、大型扇風機や冷風機を効果的に活用し、WBGT(暑さ指数)を確認し、水分補給もしながら活動しました。

 

6年生 日光移動教室 第3日

湯ノ湖畔への散歩から始まった3日目のようすをお知らせします。

湖畔で朝会 釣り人たちを見ながら

遊覧船に乗る前に 中禅寺湖の浜で

遊覧船上から男体山を望む

「帰りたくない」「船に初めて乗ったの」…湖上の心地よい風を受けながら会話がはずみました

最後の訪問地 富弘美術館をあとにして日野に帰ります

 

6年生 日光移動教室 第2日

今日は天候に恵まれ、予定のプログラムが順調に進みました。

ハイキング開始!湯滝の迫力に驚く

ハイキング開始 湯滝の水量に圧倒されました

ガイドさん「熊の手 触ってみるかい」

カイドさんの話に 「へー、そうなんだ!」自然のことをたくさん学んだ小田代ケ原 

華厳の滝  「風に乗って飛んでくる水しぶきが気持ちいい」

この後は、三本松での記念写真撮影。卒業アルバムの1ページを飾る予定です。光徳牧場に移動して食べたソフトクリームは、たくさん歩いた体に、甘い甘いご褒美となりました。ニコニコ顔があふれました。

宿に帰る前に、足湯に入ってほっとひと息。源泉側の湯たまりに投じた10円玉は、果たして輝くでしょうか。

外でのプログラムを終えて、宿に着く直前のこと、鹿の親子が姿を見せてくれました。これもひとつの思い出として心に残ることでしょう。

 

児童朝会

児童朝会で、水の事故に関する以下の2点について、パネルを使って注意喚起をしました。

・子供だけで河川、海に近づかないこと
・河川、海、貯水池のそれぞれの危険性

真剣に聞いていました。ご家庭でも、お子さんから内容を聞いてみてください。

そして、これから海や川等、水で遊ぶことの多くなる季節です。

上記の点について、ご家庭でもご確認ください。

 

6年生 日光移動教室 ゆば・とうふ

二社一寺の見学を前に、ゆばととうふ造りの体験も兼ねた昼食を取りました。いつもより朝食が早かったこともあり、温かいご飯をしっかり食べて、午後の見学に、備えました。降り始めた雨の中の見学になりそうです。

6年生 日光移動教室 さきたま古墳群

日光移動教室、最初に訪れたのは、埼玉古墳群です。

6世紀初めに造られた大型の円墳、丸墓山古墳に登って、稲荷山古墳をはじめとした古墳群を見学しました。教科書で学んだことを、自分の目で確認しました。訪れた「埼玉県立さきたま史跡の博物館」のリンクはこちらです。

https://sakitama-muse.spec.ed.jp/

3年生 タグラグビー教室を行いました。

日野自動車 ラグビー部レッドドルフィンズの皆さんが、タグラグビーの出前授業に来てくださいました。

3年生がそれぞれ1時間ずつタグラグビー教室を体験しました。

タグラグビーの簡単な運動から、1対1の対戦など、楽しく活動していました。

 

6月18日(土)学校公開・セーフティ教室を行いました。

本日、学校公開を行いました。

3時間目はセーフティ教室でした。今年度は、東京都の協力を得て、公益財団法人 東京二期会 マミーシンガーズの皆様にお越しいただき、「万引き防止」についての公演をしていただきました。

音楽劇で「万引き」について学ぼう!
健全育成音楽劇 都内4校で上演

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2022/06/14/09.html

5・6年生は、体育館で公演を鑑賞し、1~4年生は教室でオンラインで鑑賞しました。

体育館で鑑賞していた児童も教室で見ていた児童も、真剣な表情で物語を見つめていました。

保護者の皆さんもたくさん参観してくださいました。ご家庭でも話題にしてみてください。

今回は、1時間目から4時間目の参観でした。検温、消毒などの制約もある中、多くの方にご来校いただきましてありがとうございました。

 

じゃがいも収穫

学校公開日の午後、あおぞら学級は、じゃがいもの収穫をしました。

土で汚れた靴下を周りの人に見せて、一生懸命に収穫した思いを伝えていました。土にまみれて得たたくさんのじゃがいもを運びながら、どんな料理にするか、話がはずみました。

ミニトマトの収穫時期はもう少し先のようです。

【おしらせ】令和5年度就学予定児童の保護者の皆様へ 学校公開のお知らせ

・学校公開が6月18日(土)に実施される予定です。

・時間は、8:50~12:20までとなります。                                  

 (1校時 8:50~、2校時 9:40~、3校時 10:45~、4校時 11:35~)

・参観希望の方は、本校に電話(042-591-0998)でお申し込みをお願いします。

・当日は、在校生の保護者の方も参観されます。三密を避けるため、各ご家庭、大人の方1名様のみの参観を   

 お願いします。                                                  

・上履きと、靴袋(ビニール袋等)をお持ちいただき、下履きは、持参した袋に入れて持ち歩いてください。来校の  

 際は、マスクの着用をお願いします。また、事前に検温をしていただき、発熱や体調不良等の場合は、参観をお控 

 えください。

・来校の際は、「来年度就学予定児童保護者」の受付にお越しいただき、出席票にご記入をお願いします。

・私語や撮影はご遠慮願います。

(令和4年6月3日更新)

5年生八ヶ岳移動教室第1日

澄んだ空気の八ヶ岳移動教室学習の地に到着しました。滝沢牧場での飼育、乗馬体験、美し森からのハイキング、清泉寮でのソフトクリーム、夜はキャンプファイヤーと活動が進んでいます。

ポニーのブラッシング体験では、「もふもふ」「こっちは毛がかたいよ」など、感想を伝え合いながら過ごしていました。

係活動にも準備してきた様子が見られます。宿泊行事ならではの活動で、力を発揮しています。

一年生を迎える会

4月 日に、一年生を迎える会を行いました。

 

一年生が並んで校庭にやってくると、2~6年生の子供たちは音楽に合わせて大きな拍手で迎えました。

一年生も、いつもより胸を張って誇らしげな表情に見え、お兄さんお姉さんになった面持ちでした。

 

各学年から歓迎の言葉では、心を込めた温かいメッセージを発表し、その後は集会委員会による学校クイズを行いました。

これからの学校生活で、七生緑小の子供たちみんなで支え合いながら楽しく過ごしていってほしいです。

令和3年度 修了式

  本日、グーグルミートで令和3年度修了式が行われました。

校長先生から、失敗したり、辛いことがあったり、思いどおりにならなかったりすることがあっても、へこたれないでね。失敗なしで人は成長しないよ、失敗しても大丈夫だよ。という話がありました。

 そのあと、校長先生から各クラスの代表児童が修了証を受け取りました。また、1年生とあおぞら学級の代表児童がこの1年間を振り返り、頑張ったことを作文にして発表しました。最後に、明日が卒業式の6年生に向けて、各クラスから「今までありがとう。卒業おめでとう!」のメッセージを伝えました。

 短い春休みですが、4月6日に元気な子供たちに会えるのを楽しみにしています。

  

3月14日 児童集会

今週の月曜日は、集会委員会による、児童集会です。

今回は放送によるリモート集会で今年度最後の児童集会でした。

教室のテレビから流れる音楽に合わせて、足や手でリズムをとるゲームで、児童たちは「難しい~!」と言いながら楽しんで挑戦していました。

 

6年生を送る会

 8日の天気が良くなかったので、8日、10日の2日間に分けて6年生を送る会を行いました。

8日は、体育館で6年生が合奏を披露してくれました。演奏曲は、東京スカパラダイスの「パラダイスハズノーボーダー」。コロナ禍だったので、金管楽器やリコーダーなどの息を使う楽器は使わずに、打楽器や鍵盤楽器、お琴や三味線などの伝統楽器を使った演奏を学年別に聞きました。

アップテンポのノリのいい曲を見事に演奏する6年生!楽器紹介もしてくれました。見ている児童から、「私も三味線を弾いてみたい!」などの声が聞こえてきました。

 

 10日は、各1~5年生までの代表児童が6年生へお礼のメッセージを言ってくれました。その後は、vs6年生!6年生と1・2年代表との「フラフープリレー」対決や3・4年代表との「ハイレベル玉入れ」対決、教員との「けん玉リレー」対決、5年代表との「ペガーボール」対決と、大盛り上がりでした。

「さすが、6年生だなあ!」、「楽しかった!また来年が楽しみ!」との声が聞こえてきました。

 最後は、全校で「タタロチカ」ダンスを楽しんだり、校歌を歌ったりと楽しい時間を過ごしました。

    

  

 

 

 

 

 

 

 

あおぞら学級 道徳授業

主題名「相手のことを考えて」(相互理解、寛容)

資料名「よろしく ともだち」

 今回の教材は、本当は仲良くなりたいのに自分の思いが正確に伝わらず、相手に誤解されてしまうオオカミの気持ちを想像することで、相手のことを考えて、自分と異なる感覚も大切にしようとする心情を育てることをねらいとしました。

 オオカミの姿を見たコダヌキが怖くなって走り去ってしまう場面では、実際の場を役割演技することで、「仲良くなろうとしているオオカミから逃げるのはひどい。」という意見がある一方で、「大きな声や鋭い牙は、やっぱり怖いよ。」などコダヌキの気持ちに寄り添う意見も出ました。

 自分が何の気もなしにしたふるまいが相手に良からぬ印象を抱かせてしまう場面は、普段の学校生活の中でも時々見られます。今回の学習を通して、「友達はどう思っているのかな。」と、相手の立場に立って考えてみようという気持ちが高まりました。

6年生1・2組合同 道徳授業

主題名「平等・公正ってどういうこと?」(公正,公平,社会正義) 

 授業は1・2組合同で体育館で行いました。1組と2組から3名ずつ代表の子を前に呼び校長先生がチョコレート配りました。チョコレートの枚数は各クラス3枚ずつ。1組の子には1枚ずつ配りました。2組の子にも1枚ずつ…と思いきや、1枚、2枚、0枚という配り方。子供たちから「えー」「ひどーい」という声が上がりました。校長先生からの「なんでひどいの?」の質問に、「平等じゃない!」「もらえない人がいる!」との答え。そういうことなら、と、今度は身長の違う3人の大人に同じ踏み台を同じ数ずつ配りましたが、あれ?今度は同じ数だと壁の向こう側が見えない人がいる…。

 「困っている人、悲しんでいる人、苦しんでいる人は誰なのかな…という視点から考えてみてください」と校長先生の授業は締めくくられました。

 次の時間は教室に戻り「平等」と「公正」について小グループで話し合いを行いました。状況に合わせて対応を変えていく必要があること、今後も差別や平等、公正について考え、悲しい、苦しい思いをしている人がいないかを考えていくことが大切だと、子供たちは考えを深めていました。