新着情報
  今日の給食
学校の様子

学校の様子

ステップ教室 出前授業

 先日、3年生に向けてステップ教室の出前授業を行いました。

テーマは「まほうの言葉」で、友達と仲良くするために使う「ありがとう。」と「ごめんね。」の言葉について学習しました。

まず、ステップ教員と担任のロールプレイを見て、相手に伝わるためにはどのように言ったらいいかを考えました。その後、実際にクラスの友達と3人組になってロールプレイングを行いました。

「相手を見て」「聞こえる声で」「気持ちを込めて」「すぐに」を意識して、意欲的に取り組んでいました。

 

研究授業「6年 マット運動」

 「自分の思いや考えを伝える力の育成」~教科等における言語活動の工夫を通して~をテーマに進めている本年度の本校の研究。先日は6年生の体育で研究授業を行いました。器械運動のマット運動に取り組む内容では、技の習得を目指して「友達とアドバイスをし合い、技ができるようになろう」というめあてをもち、一人一人の目標に応じて「前転」の発展技、「後転」とその発展技に挑戦しました。お互いに声を掛け合いながら、安全にも配慮して楽しく学習を進める姿がありました。

 授業の様子はソウルオリンピック体操競技の銅メダリストで日本大学文理学部の教授をされている水島宏一先生に見ていただき、貴重なご指導をいただきました。全教員で成果や課題を共有し、これからも子供たちの「できた」「分かった」「高まった」の達成を目指して授業改善に取り組んでいきます。

 

八小の上で輝く「ほぼ皆既月食」

11月19日の夕方は薄曇りでしたが、西の空には見事な夕焼けが広がりました。

そして、今晩のメインはこちら。月の97%が地球の影に隠れるという「ほぼ皆既月食」が観測できるのです。

午後5時過ぎ、東の空にピンク色に輝く月が昇ってきました。時々雲に遮られながらも、その幻想的な姿に時空を超えた時の流れを感じました。

本校の学校評議員で天文学解説員もされている村山孝一さん(村山さんは八小の卒業生でもあります。)が八小の上で輝く月を撮影してくださいました。

たちばな学級宿泊学習

 たちばな学級は先日、宿泊学習を行いました。昨年度は実施することができなかったので、子供たちもこの日をとても楽しみにしていました。

 今年度は、神奈川県にある藤野芸術の家という施設に宿泊し、クリクラ工場見学やガラス工芸、プレジャーフォレストでのアスレチックなどを様々な体験をしました。

 クリクラ工場見学では、安全でおいしい水のことについて学習しました。世界の水を紹介するコーナーでは、世界の王妃がパーティーなどの際に振る舞う高級な水を見ることができ、子供たちも目をキラキラさせながら眺めていました。学習を通して、「より水が好きになりました!」と話してくれる子もいました。

 ガラス工芸体験では、サンドブラストと呼ばれる手法でガラスコップに絵付け体験しました。ガラスに絵を描くのがとても難しく苦戦する子も多かったですが、どの子も真剣な表情で作業に没頭していました。完成したグラスを見ながら、「何を入れて飲もうかな?」「やっぱりお水が一番かな!」と会話も弾んでいました。

 プレジャーフォレストでは、班長を中心にみんなで相談しながら仲良くアスレチック体験をしました。とても良い天気に恵まれ、子供たちも夢中で遊んでいました。

 諦めないで最後まで取り組む姿や、優しく友達に寄り添う姿など素敵な一面を数多く見ることができました。また、すすんで施設の方に挨拶をしたり、お礼を伝えたりするなどとても立派な行動もありました。引率してくださった方々にもたくさん褒めていただきました。一人一人の良さが存分に発揮されたとても良い2日間となりました。

 

 

なわとび月間スタート

今日から、なわとび月間がスタートしました。

 

今日は、1,4,6年生とたちばな学級の子供達が活動しました。

 

お互いに技を教え合ったり、跳んだ数を数え合ったりしながら、元気に取り組んでいました。

 

12月までの約2か月間、なわとびに親しんでいきます。