学校日記

2024年7月の記事一覧

7月17日(水)

  

5年生の図工の時間です。今日は、日野市で募集している「緑と清流ポスター」の下書きをしました。学校の周りを歩いていると、道の脇には至る所で緑の草や木の間に水路がサラサラと流れているのを目にします。昨年度は南平小学校のお友達が最優秀賞を受賞しています。私達も頑張ろう!という意気込みが見られました。

 

7月16日(火)

  

4年生の理科の授業では、夏の生物について学びました。気温が上がる夏はいろいろな生物が春より成長して、虫が増えたり、植物の緑が濃くなることがわかりました。また、先生から、夏休みにはクロムブックを使いながら実際の星の明るさや色を観察しようという話がありました。

7月12日(金)

  

2年生の図工の時間では、みんなで「くしゃくしゃ ぎゅ」に挑みました。。画用紙、ひも、両面テープ、ペン等を使いながら、紙袋をひねったり、縛ったり、縮めたりしてオリジナルな生き物を作りました。出来上がった作品は、丸く膨らんでとても可愛らしく仕上がりました。

7月11日(木)

 

3年生の算数の時間では、56+38の暗算の仕方を考えました。心の中で筆算し、十の位・一の位ごとに「さくらんぼ計算」をしてみると、暗算は、位ごとに分けて計算すると解かりやすいことを学びました。お買い物したときに暗算できるね!

 

 

7月10日(水)

  

  

今日1年生は、皆で「浅川ガサガサ」に出掛けました。浅川の河原は夏草がいっぱい生えていましたが、それをかき分けながら進み、水中の生物を採取して観察していました。夏休みまであと10日、子ども達は身近な自然を肌で感じたことでしょう。