活動日誌

2017年2月の記事一覧

こばと保育園からのお客様


こばと保育園の5歳児のみなさんが、1年生の教室を訪問しました。
1年生は、お兄さん・お姉さんぶりを発揮し、はりきって三小の生活を紹介しました、

机に向かって1年生体験もしてみました。

「さようなら。4月になったらまた遊ぼうね。」
と、お別れしました。
三小に来てくださってありがとうございました。

月曜朝会 オアシスの話


朝会の校長先生お話は、「砂漠で潤いを与えるオアシスのように
あいさつは、人と人の関係に潤いを与えます。」というお話でした。

「お あ し す」 が何のあいさつを表しているか、
全校児童がしっかりわかりました。

親児の会主催 ペンキ塗り


毎年恒例の親児の会主催ペンキ塗りが開催されました。
今年は、南校舎1階から3階の廊下を塗りました。

保護者、児童、親児の会、教員合わせて60名近くで取り組みました。
廊下が明るくなりました。

最後まで残ることのできた参加者の皆さんで記念撮影です。
親児の会のみなさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。

2月誕生給食


2月生まれのお友達の誕生給食です。

「シーフードカレーライスとゼリーとイチゴで最高だ」
というつぶやきが何人もから聞こえてきました。

代表委員会ユニセフ集会


代表委員会の集会では、ユニセフ募金を全校に向けて呼びかけました。
調べてこれは、募金してよくしたいと思ったことを、プレゼンテーションにまとめ
紹介しました。

司会の集会委員のまとめの言葉もすてきでした。
「日本に生まれたことに感謝しながら、
日本にいる私たちにできることをしていきたいと思いました。」
ユニセフ募金期間は、2月24日・27日・28日です。

6年生 地域の方からふるさとを学ぶ


6年生は、日野台・日野市について学ぶことを通して
ふるさとについて考える「ふるさと学習」に取り組みます。
今年も、地域のことを知る皆さんに協力していただき、
自分たちの疑問に答えていただきました。


楽しい時間はあっという間に過ぎ、
1組でも2組でも、「もっと時間を!」
という声が聞こえました。
協力してくださった皆様ありがとうございました。

作品展1日目


作品展1日目です。
美しい空間ができあがりました。
まず児童鑑賞の時間です。

写真では、この美しさを伝えきれていません。
ぜひ、会場にお越しください。

いよいよ明日から作品展


明日17日(金)・18日(土)の二日間、作品展が開催されます。
会場である体育館全体がきれいに飾られています。

子供の名札や作品の配置を入念に確認し、明日に備えます。
17日(金)は、15:00~保護者・地域の方の鑑賞時間です。
お待ちしております。

なかよし班あいさつ運動


なかよし班を主体としたあいさつ運動に朝の時間に取り組んでいます。
1年生から6年生まで正門の前で全校児童をあいさつで迎えます。

終わると、どの班も集まって振り返りの話し合いをします。
各班二日間の担当です。

節分集会


2月になりました。今日は節分集会が行われました。
まずは、節分クイズです。鬼の嫌いなものは・・・

1年生から6年生、ひばり学級までの代表が、
「自分の中から追い出したい鬼」を発表しました。