学校日記

学校日記

コオーディネーショントレーニング4・6年

 

4月20日(月)、昨年度も来ていただた中央大学陸上部コーチ 井原直樹さん と 日立産機(株)でロンドンオリンピック400mハードルの選手の 舘野哲也さん においでいただき、コオーディネーショントレーニングを行いました。自分のからだを思うように動かせることができるように、簡単な動きをいろいろ組み合わせて、頭を使って運動しました。前に進みながら手を後ろに回したり、「右」と言われたら「左」に動くなど、簡単なことのようですが、少し混乱する動きです。日頃からこのように頭を使って体を動かすことはとても大切なことです。木曜日には5年生にも行います。

PTA運営委員会

 校庭では、穏やかな天気の中で子供たちの野球の試合が行われていますが、土曜日の今日、PTAの役員会、運営委員会が行われました。

 昨年度までPTAの活動に携わっていただいた方々と今年度新たに活動していただける方々が集まっていたので、図書室に入りきれないほどの保護者の皆様方がいらしていただいたことになります。いい天気の土曜日の午前中に、こうして時間の都合をつけて集まっていただくことが、まずありがたいことです。5月1日に行われる予定のPTA総会に向けての準備等の連絡と総会資料作成、昨年度から今年度への引継ぎ、さらに、今年度の活動計画の確認等の打ち合わせ事項を検討していただきました。

 昨年度は、開校40周年記念行事があり、PTAの皆様方にも多大なるご理解とご協力をいただいたのではないかと思います。今年度も来年の1月に研究発表会が控えていますので、様々な面でご協力いただくことがあろうかと思います。『すべては子供たちのため』に教職員と保護者・地域の皆様方がともに活動できれば本当にうれしいことですし、さらに、PTA活動を通して保護者の方々も子供たちと一緒に楽しめるような、そんな1年間になるようにお力添えをいただけると幸いです。

今日の中休みの様子から

 涼しい風も吹いていて、大変気持ちの良い天気の中で、今日もたくさんの子供たちが校庭で走り回ったり、ボール遊びをしたり、鉄棒やブランコ、タイヤなどの固定遊具で遊んでいたり、縄跳びを楽しんだりしていました。汗をかいている子もいて、今週初めの雨の日の分を取り返しているかのようでした。

 先生たちも何人か子供たちと一緒に遊んでいる姿が見られ、とても楽しそうでした。
 
 
 
 

初夏の天気に恵まれて

 朝から汗をかいてしまいそうな天気になり、校門を通るときには、半そでになっている子も何人もいました。中休みには、たくさんの子供たちが校庭で走り回って遊んでいました。ボールで当てっこをしている子もいれば、バスケットボールをする子や長縄で8の字跳びをしている子もいました。1年生と6年生が一緒にどろけいをしている姿も見られました。みな気持ちよさそうに遊んでいました。

 新しい学年、学級になり、友達も増えたことでしょう。広い校庭を充分に使って身体を動かし、気分もすっきりとしたようでした。

 休み時間終了のチャイムが鳴った後は、2分もしないうちに校舎内にすべての子供たちが入ってしまったのが素晴らしいと感じました。この切り替えをこれからも大事にしていきたいと思います。
 
 
 
 
 

朝の登校の様子から

 毎日、7時45分頃から校門に立っていますが、本当に南平小学校の子供たちはあいさつが気持ちよくできます。嬉しく思うことは、あいさつをする時の子供たちの目が、こちらをしっかりと見ていることです。

 声の響きだけでなく、表情、特に目の輝きを見ることが出来るのは、子供たち一人一人のその日の健康状況が分かるだけでなく、その日のやる気をうかがい知るまたとないチャンスになります。いい表情で、しかもにこやかに微笑みながら、「おはようございます。」と声が出る子供がたくさんいるだけで、その日のエネルギーを頂ける、そんな気分になります。

 校門での朝のあいさつにもだいぶ慣れてきた子もいて、校長のところに走ってくる子やハイタッチを求めてくる子もいます。そろそろ子供たちも新学期の疲れが出てくる頃だと思いますが、毎朝の出会いを楽しめるのは、ありがたいことだと感じています。