ゆめがおかニュース

学校日誌

漢字検定(6.29)

午前中に漢字検定を実施しました。

学校支援の方やボランティアの保護者の方の協力のもと、35名のが検定に挑戦しました。

  

みんな、真剣な表情で取り組んでいました。

イングリッシュ・キャラバン(6.24)

ネイティブ人材を活用し、児童とともに授業に参加し、場面に応じた英語による自然なやり取りを行うことにより、児童が英語によるコミュニケーションを行う機会を確保し、国際理解教育の推進を図ることをねらいとした「外国語に触れる機会の創出」事業として、イングリッシュ・キャラバンを24日、実施しました。今回は5名のネイティブの方が来校され、出身国のブースを作って、子供たちとコミュニケーションをとりながら活動しました。

 

 

5・6年生は「ワールド・ツアーへ出かけよう!」をテーマに、ネイティブの方が出身国等の特徴や文化を紹介したり、出身国等についてのクイズを出したりしながら、児童とやりとりを進めました。

 

4年生は「英語のクイズに挑戦しよう!」をテーマに、自己紹介をした後、その国の有名なものや食べ物についてクイズをだしたり、人気のスポーツを当てるクイズをしたりしながら、楽しみました。

みんな、とても楽しい時間をネイティブの方と過ごすことができました。

委員会発表(図書委員会)(6.25)

今朝の集会は図書委員会からの発表でした。

先生方のおすすめの本の紹介やクイズなど、本に親しんでもらおうと、プレゼンを工夫して取り組みました。

  

今日から夏の読書週間も始まります。ぜひ、多くの本に出逢ってほしいです。

プロジェクトタイム(6.10)

 今日はプロジェクトタイム(PT)開催日。今日は「学習者用端末の操作を伝えよう」をテーマに上学年が下学年にアドバイスをする時間として設定し、活動を行いました。

操作方法を伝える(教える)という経験があまりない上学年の子たち…。

学級内で教え合う経験はあるものの、異学年の子たちが対象となると、ちょっと様相が変わって…操作の説明に四苦八苦している様子も見られました。

 

 

やり方も様々で、グループになって活動しているところもあれば、班全体で一斉に取り組んでいるところも…。

 しかし、これも経験。いかに相手に理解してもらえるように説明するか、どう表現したら明確になるのか…。今後のPT、上学年がどのような創意工夫をしていくのか、とても楽しみです。

タグラグビー教室4年(6.13)

1・2校時、日野自動車のラグビー部の方にご来校いただき、

タグラグビー教室を行いました。

みんな、元気いっぱい、コート内を走り回って、活動していました。

   

最後に、日野自動車の方から、記念のキャップをいただきました。

 みんなとっても大喜びでした。