学年・学級だより

2018年3月の記事一覧

【卒業生・在校生代表】全員が輝いた卒業式

3月23日(金) 平成29年度卒業式を行いました。

終始、気持ちの良い緊張感に包まれながら、進行していきました。

  

これからの大きな成長と輝かしい活躍を予感させられる卒業生の堂々とした姿勢、歌声に魅せられました。
また5年生も、そんな卒業生の姿を見て、豊田小の伝統を引き継ぐ気持ちを高めていました。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます!
みなさんがこれから進んでいく道は、きっと輝いています。自分の道を信じて、歩み続けてください。
いつまでも皆さんのことを応援しています!

【全校】平成29年度3学期 修了式

3月22日(木)平成29年度3学期の修了式を行いました。
1年間のまとめの儀式ということで子供たちも気持ちを引き締めて臨んでいました。

まずは、校長先生のお話と修了証の授与です。
 
 
 
各クラス代表者一名が前に出て、修了証を校長先生から受け取りました。
代表者みんなの背中から、1年間の頑張りや成長が感じられました。

次に児童代表の言葉です。今回は2年生の児童が発表しました。
 
1年間でできるようになったことを堂々と発表することができ、大変立派でした。
新しい学年でも頑張ってもらいたいです。

最後は春休みの過ごし方についてのお話です。

本日、春休みの生活という手紙を配布していますので、お子さんと一緒にもう一度目を通していただき、安全で充実した春休みになることを願っています。

明日から1~4年生は春休みに入ります。事故や怪我等には十分に気を付けてお過ごしください。
そして、5・6年生はいよいよ卒業式です。素晴らしい門出の日となるよう、みんなで温かく送り出していきたいと思います。

【せせらぎ】おわりの会

3月16日(金)に、3学期のせせらぎおわりの会がありました。
通級児童48名が参加し、多くの保護者の方々にもお越しいただきました。

1 はじめの言葉


2 副校長先生の挨拶


3 せせらぎを終わる児童の発表
発表の際に、感動のあまり、涙を流してしまう場面もありました。



 また4人の6年生によるジャンケン大会も行われました。
4回連続で買ったら、景品としてカードがもらえます。3枚以上カードをもらった児童もいました。


ジャンケン大会が終わった後に、4人の6年生が一人ずつ発表をしました。


せせらぎを終わる児童の発表の続きです。



4 吃音グループによる「ただしいのはなんばんかな?クイズ」
3択問題で、1番だと思う人は頭の上で〇をつくる、2番だと思う人は肩の上に手を置く、3番だと思う人は手で✖をつくるというルールで行いました。
中には難しい問題もあり、保護者の方も一緒に考える場面もました。


5 きこえグループによる「とんでいるものは何だ?ゲーム」
ついたての間から何が飛んでいるかを当てます。
見えるのは一瞬なので、みんな集中していました。


6 せせらぎを終わる児童の発表の続き


7事務連絡

8発表とおわりの言葉
おわりの言葉を言ってくれた児童が、最後に発表をしました。


「せせらぎ」の担当一同、皆さんが大きく成長していくことを願っています。保護者の皆様には、お忙しい中、ご参加くださりありがとうございました。また今年度も、せせらぎの教育活動へのご理解、ご協力をしてくださり、ありがとうございました。

来年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

≪平成30年度4月の予定≫
4月13日(金) 15:45~16:45
「せせらぎ」はじめの会
担当教員の発表や、保護者の方へ通級にあたっての注意事項などをお伝えする予定です。

4月16日(月)~20日(金)
在籍学校訪問
せせらぎの担当が在籍学校を訪問し、通級児童の学校での様子を見せていただきます。

4月23日(月)
1学期 通級指導開始

【6年生】ミニスポーツ大会&卒業を祝う会

卒業式まであと13日間となりました。

6年生は、これまでの感謝の気持ちを伝えるため、お世話になった先生方や保護者の方々を招いて、ミニスポーツ大会&卒業を祝う会を開きました。

【ミニスポーツ大会】
スポーツ大会実行委員の企画・運営のもと、椅子取りゲームとポートボールを行いました。
 
 
 
保護者の方にも参加していただき、盛り上がりました!

【卒業を祝う会】
<マイスクールアクション(卒業制作)の紹介>
卒業制作実行委員から、今年度は奉仕作業と制作作業の2本柱で進行していくことが発表されました。


<実行委員の出し物>
卒業を祝う会実行委員が、6年間を振り返った思い出をダンスやクイズで発表しました。


<思い出のスライドショー>
先生からのプレゼントとして、1年生からの写真を集めたスライドが流されました。
子供たちは、小さい頃の自分たちの姿から、今の自分たちの成長を実感していました。

<決意表明>
子供たち、一人一人が舞台の上で、これからの決意を発表しました。
 
みんな堂々として、いい表情でした!

<お世話になった先生方へ花束の贈呈>
卒業を祝う会にいらしていただいた先生方へ、感謝の気持ちを込めて、花束と手紙を贈りました。
 

<全員合唱>
『友ー旅立ちの時ー』を全員で歌いました。

卒業式では、さらに高めた歌声を披露します。

卒業を祝う会が終わっても、卒業式まで残り13日間あります。
最後まで、豊田小学校の最高学年として、責任と役割を果たし、勢いを高めながら卒業式を迎えられるよう、担任一同、指導してまいります。

ご多用の中、本日お越しいただきました先生方、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

【せせらぎ】 吃音グループ


2月26日(月)に吃音グループの学習がありました。
今回は、北里大学東病院リハビリテーション部の言語聴覚士 吉澤健太郎先生をお招きして、日野第三小学校「たんぽぽ」学級の吃音グループの児童と一緒に学習しました。吉澤先生はご自身も吃音者ですので、体験を交えてお話ししてくださいました。また、予め児童が考えていた質問をして、それに答えていただきました。

※その内容を一部ご紹介します。
Q いつからどもっていましたか。
A 3歳のときからどもっていました。

Q 中学校で困ったことはありますか。
A 発表したり、人と話したりするのが大変で、学校に行くのがとても辛いときもありました。ですが、吃音について話せる友達がいたので、とても心の支えになりました。

Q クラスの人が話し方を真似してくるのでとても困っています。どうしたらいいですか。
A 真似をする人が絶対に悪いので、無視していいと思います。でもどうしても辛いときは、先生はお家の人に相談しましょう。

またどもったときこそ、チャンスだと思って、「実は私はこういう話し方なんだけど」と話すことや、どもったときにはどうしてほしいかを考えておくことも大切だというお話もされました。



次に豊田小と日野第三小の児童合わせて17名が、「みんなのバスケット」を行い交流しました。
「名前に『山』が付く人。」「青い服を着ている人」など、いろんなお題が出てきて、とても盛り上がりました。


最後に振り返りをしました。


「いろんなことが知れてよかった。」「(先生の)中学での生活も分かって、他の学校の子とも遊べてよかった。」など、様々な感想を発表していました。