学年・学級だより

2015年6月の記事一覧

【6年生】二中交流会

【6年生】二中交流会

 

今日(25日)の5時間目に、

二中の生徒会が来校し、

中学校について紹介してくれました。

中には二小を卒業した先輩もいて、

子供たちは親しみを感じていました。

授業のこと、生徒会のこと、

行事のことなどの説明を受けました。

6年生は真剣に聞いていました。

一通りの説明が終わると、

二中クイズがありました。

校章のこと、二中の自慢、部活のことなどから出題され、

6年生の興味が高まっているようでした。

 

質問タイムでは、

ここぞとばかりに中学生に聞きたいことを

質問していました。

給食のこと、二中の自慢、二中に行ってよかったこと、

クラブ活動について、などなど多種多様な質問をし、

中学校性が一つ一つ丁寧に答えてくれました。

児童の感想です。

「進学先を迷っていたけど、二中のことをよく知ることができ、

興味をもちました。」

「家で兄弟から中学の話を聞いていたけど、

今日の話でよく知れてよかったです。」

「中学に行って友達と離れたら寂しいと思ってたけど、

先輩と仲良くなれば楽しく過ごせると思いました。」

 

中学という未知の世界。子供たちは期待と不安でいっぱいですが、

少しずつ中学についてを知り、安心して進学できるとよいと思いました。

 

二中生徒会のみなさん本日は本当に

ありがとうございました!


【4年生】クリーンセンターの方が授業をしてくださいました!

今日は、クリーンセンターの方々が来られて、学校でゴミに関する授業をしてくださいました。

「ゴミをなくすには、どうすればよいか」ということの復習をしました。

この紙は、約13年も前から使われており、破れてくるとセロハンテープで張ったり、薄くなった字はペンで書きたしたりしているそうです。

とても小さくなった鉛筆も見せてもらいました。

うわ、すごい」と子供たちからは驚きの声が聞こえました。

最後には、クラスに「ゴミマスター」の称号が与えられました。

その日の4年2組の給食の時間では、少し残っている給食を見て、「えー、給食残ってるよ。残さず食べないと」と、「食べ残しをしない」ことに意識が向いていました。

今回の学習を通して、物を大切にして、ゴミを簡単にふやさないでほしいと思います。

まずは、自分の持ち物には全てきちんと名前を書くことから徹底して指導していきます。

【6年生】ミクロの世界

【6年生】ミクロの世界

 

23日(火)に、日本電子株式会社の方が来てくださり、

電子顕微鏡を使った特別授業が行われました。

 

各クラス2時間ずつ授業が行われ、

1コマ目は教室での講義を聞きました。

顕微鏡の仕組みを教わりました。

普段目にしているものや、授業で出てきたものを

電子顕微鏡で見るとどうなるのかを見ることができました。

2コマ目はいよいよ体験です。

電子顕微鏡を実際に使いながら、自分が選んだ物を

100万倍まで拡大して、写真をプリントアウトさせてもらうことができました。

3D眼鏡を使っての、立体写真です。

飛び出す写真に子供たちは手を伸ばします。

樹脂で固められた、昆虫などの標本を観てのスケッチです。

子供たちは真剣に、もらったノートに形を写していました。

細かい部分まで丁寧に描いていました。

終わっての子供たちの感想です。

「普段は見ることができないミクロの世界を見ることができて、貴重な体験でした。」

「花粉の形が野球のボールの形に見えたり、カメの甲羅の形にみえたりと、

いろいろな想像があって面白かったです。」

「ミクロになると、丸いと思っていたものに、

模様があったり凸凹があったりして、びっくりしました。」

今回の体験を通して、子供たちは科学への関心を高めることができました。


【5年生】水泳指導の様子

 5年生は本日、水泳指導を行いました。水温は少し低めでしたが、気温が高くとても気持ち良かったです。水泳の授業は、命と常に隣り合わせの授業です。自分勝手な行動をさせないよう、何回か子供たちが静かになるまで待ちました。何度か同じことをしているとさすが5年生、すぐに静かになり、指示を出している先生の方を向き、話を聞くことができました。

久しぶりのプールの水に、子供たちは大はしゃぎでした。

様々な水慣れをして、子供たちも感覚を取り戻したようです。

最後には先頭に担任が立ち、その後ろにクラスの子供たちが一列になり、ムカデ競走をしました。

 短い時間でしたが、子供たちの態度はとても良くなりました。これからも、真面目に取り組む態度を大事にしていきたいです。(HP担当)

【4年生】水道キャラバン!

6月23日(火)の5,6校時には、水道キャラバン(東京都水道局)がありました。

二人の職員によって、子供たちが楽しみながら学習できるようにお話していただきました。

川の水がどのようにして、綺麗になっていくのかを学習しました。この綺麗になった水は、家庭や公園に流れていきます。

実際に、「高度浄水処理」という仕組みの装置を使って、水のにおいが消えていく過程を知ることができました。

見るだけでなく、実際に体験して、自分たちで水を綺麗にしてみました。濁った水が、どんどん綺麗になり、「うわー、すごい!」と、子供たちからも嬉しそうな声が聞こえてきました。

この水道キャラバンでの学習を通して、川の水がどのようにして飲めるほどの綺麗な水になるのか学ぶことができました。

家では、当たり前のように蛇口から水が出てきます。しかし、川から家まで様々な工夫があって流れてきているのだと知ることができました。