学年・学級だより

カテゴリ:4年生

4年 2学期最後の音楽

2学期最後の音楽の時間

 「茶色の小びん」の主な旋律を全員リコーダーで演奏後、アンサンブルをしました。担当楽器をグループで決めて取り組み、担任の先生を招いてミニ演奏会を行いました。

 

 

NEW 4年 聞き取りメモの工夫


 今まで、メモを取る経験をたくさんしてきた子供たち。なかなかうまくいかないことも多かったようで、「早くて追いつけなかった。」「字がきたなくて、後で見てもわからなかった。」など、困ったことを教えてくれました。そこで、「メモ名人になろう」ということで、クラスのメモ名人に、コツや工夫を教えてもらいました。

また、話し方や聞き方により、相手への伝わり方が違うことも学びました。ぜひ、普段の生活でも生かしてほしいです。

NEW 4年生 外国語活動

 ”What do you want "の活動では、自分の欲しい果物やアイスクリーム、野菜の名前をいい、オリジナルのパフェやピザを作っています。
 実際に自分でオリジナルのトッピングを選んで作成できるので、みんな大興奮!進んで、英語で友達とやりとりをしていました。
 学習したての頃は、”I like",と言い間違える子が多かったのですが、”I want"の意味をしっかりと理解して使い分けられている様子がやりとりから分かります。

NEW 4年生 外国語活動

 4年生は、アルファベットの小文字の学習に入りました。
大文字と違い、小文字は、一階、二階、地下一階という風に、アルファベットを書く位置が異なってきます。
 第一回目の学習では、小文字ソングを歌いながら、アルファベットを書く位置を表しました。一階は椅子の上で体育座り、2階は両手を上げる、地下一階は、足を下ろすという単純な動作ですが、歌いながら体を動かすのは、なかなか難しく、それでもみんな一生懸命歌いながら活動をしていました。元気いっぱいの4年生は、この体で表そうアルファベットソングで大盛り上がりでした♪
 
 小文字は大文字と違って、なかなか覚えるのが難しいので、色々な楽しいゲームを取り入れながら、小文字を見て覚えて読めるようにしていきたいと思っています。

NEW 4年生 外国語活動


 4年生は、”Do you have a pen?"という学習で、身の回りのものを英語で言ったり、”have"という新しい単語で友達とやりとりをして、最後にオリジナル筆箱を紹介し合う予定です。
 「カレンダーは、英語の発音が違った」
 「消しゴムの言い方が難しい」
 など、苦戦をしている様子もありますが、ビンゴゲームで楽しみながら言い方を練習するなど、みんな一生懸命、覚えようと頑張っています!

NEW 外国語活動 4年生

 4年生は、What time is it? という時刻を英語で聞いたり言ったりする学習をしています。第二回目の学習では、インフォメーションギャップという活動をしました。8つの国に分かれて、それぞれの国の時刻を聞き合って、全部の国の時刻を調べるという活動です。英語で聞かないと相手も教えてくれないので、みんな頑張って英語で質問したり答えたりしていました。

【4年生】社会科見学(日野消防署)

5月14日に日野消防署に社会科見学に行きました。
消防署の方はどのように働いていますか?すぐに出動するためにしている工夫はありますか?地域を守るためにどんなことを行っていますか?など子供たちの聞きたいことにいっぱい答えていただきました。







直接みる、聞くことができてとてもよい学習の機会となりました。

【4年生】立川防災館


今日は、地震や火事が起きたときに、自分たちでできることを学びに立川防災館へ行ってきました。

朝は7時40分集合でしたが、7時くらいに登校する児童もいて、この日を楽しみにしていた様子が感じられました。



立川防災館では、地震体験や煙体験、消火訓練、そしてミニシアターで地震をテーマにした映像を見ました。




震度6強を体験しました。思いのほか揺れが大きく、子供からは「けっこう怖かった。」の声もありました。本当の地震は、いつ起こるか分かりません。しっかり自分の身は自分で守ります。


消火訓練の様子です。
1 安全バーを抜く。2 ホースを持つ。3 レバーを握る。
火が出ている映像に向けて水を放射しました。
しかし、実際の火事のときは、子供は消火器を使わずに大人の人に知らせることが大事です。



煙体験では、ハンカチで口を覆い、姿勢を低くして道を歩きました。カメラで様子を見ていた友達からは、「姿勢が高いよ、低くして」とアドバイスをしている姿がありました。


午前中だけという短い時間でしたが、充実した体験をすることができ、防災について考えることができました。
地震や火事が起きたときには、どうするか。今回、学習したことや考えたことをレポート等にまとめていきたいと思います。

【4年生】タグラグビー体験


今日は、子供たちが楽しみにしていたタグラグビー教室の日でした。

日野自動車の体の大きな選手がたくさん来られて、タグラグビーについて教えていただきました。


自己紹介では、挨拶とニックネームの紹介がありました。子供達はそれだけでも盛り上がります。

   

1対1でのタグの取り合いやボールを持ってのリレーなど楽しく活動できるものばかりでした。

  

最後は、これまで教えてもらったことを活かしてゲームを行いました。
ボールを前に出したり、落としたりと技術面ではまだまだですが、ゲームを楽しんでいる様子が見られました。


先生から指示がなくても、自分たちで作戦を考え始めました。「ここまで持っていくから、ここに移動して!」など具体的に考えていました。

今日の感謝の気持ちを手紙にして後日、日野自動車さんに送りたいと思います。

もしかしたら、この4年生の中で五郎丸選手のような有名なラガーマンが出るかもしれませんね。

日野自動車ラグビー部のみなさん、本日はありがとうございました。

【4年生】手話学習

4年生では、3・4組は1・2時間目、1・2組は3・4時間目を使って手話の学習をしました。

めあて「手話に興味をもつこと。」

子供「手話をテレビで見たことあるよ」

手話を体験したことがある児童もいました。

      

手話の歴史を知ったり、友達と手話であいさつをしたりしました。



みんなで「ビリーブ」の曲に合わせて手話をしました。

学習の振り返りでは、「お母さんに手話で今日の夕食を伝えたいと思います。」

「今日、手話を体験してみて、耳の聞こえない人の苦労がわかりました」などの感想が出ました。

今日の体験を通して、今まで知らなかった手話にも興味をもってほしいと思っています。

【4年生】社会科見学


11月17日、4年生は社会科見学に行ってきました。場所は、東京スカイツリーと浅草です。

スカイツリーでは、どこに何があるか実際に見て調べました。「皆の住む日野市は、どの方向かな」
   

初めて登る子は、高いところから見る景色にわくわくした様子でした。



「うわー、怖い」「全然怖くないよー」

浅草では、伝統や文化を生かした町づくりについて学習しました。「どうして浅草をこんなに大切にしているのだろう」

   

グループに分かれて、ボランティアガイドさんに浅草について教えていただきました。

浅草のことを多くの人に知ってもらうために、このようにガイドさんが説明してくださいます。



1日だけでしたが、密度の濃い学習となりました。今日学習したことを明日からレポートにまと

めていきます。ぜひ、来月の保護者会の際にはご覧ください。

【4年生】演劇鑑賞教室

今日は、3・4校時に演劇鑑賞教室がありました。

影絵の美しさを見て学ぶ良い機会となりました。


開演前の様子です。皆、静かに待っています。
事前に各教室でも、「みんなが楽しく鑑賞できるように静かに聞こう。見づらくても、後ろの人に迷惑になるから、立つのはやめよう」と約束事を決めました。


今回のお話は「あらしのよるに」です。3年生のときに国語で学習したので、お話は知っていました。


後半では、児童が実際にキャラクターを動かしました。操作が難しそうです。

この演劇鑑賞教室では、物語を楽しむだけでなく、語り部の話し方や音響、光の照らし方など様々な仕組みがあることが分かりました。

この体験を感想文などに書かせて、国語の学習にも繋げていきます。

【4年生】子供まつり

今日は、子供まつりがありました。

これまで、クラスで話し合いを行い、何のお店にするか考えてきました。限られた時間で準備を行い、楽しいお店ができました。


1組は、「スプーキーカンパニー」というお店です。

好きな大きさのスプーンの上にピンポン球を乗せ、ゴールまで運ぶ時間を競います。
途中には、様々な障害物があり、行く手を阻みます。


2組は、「下水道&ゴミゼロワールド」というお店です。

下水道クイズやろ過の実験を通して、下水場の仕組みを説明します。学習したことを子供まつりでやってみようという新たな試みです。


3組は、「もの当てゲーム」というお店です。

箱の中身を手の感触だけで当てるというシンプルなゲームですが、意外と難しいです。



4組は、「スプーン伝説」というお店です。

コースが工夫されて作られており、ピンポン球を落としてしまう児童が多くみられました。
下級生から上級生まで多くの児童が楽しめる内容になっていました。

どの児童も自分の仕事に責任をもって取り組み、お客さんを楽しませていました。

【4年生】エイサー練習②



28日、5時間目にエイサーの練習をしました。

演技途中の掛け声も大きくなり、迫力のある演技に仕上がってきています。


さらに、エイサーリーダーは毎日、昼休みに集まり、皆の見本となるように頑張って練習しています。

あるクラスでは、今日エイサーリーダーから「明日、エイサーが苦手な人は、中休みに教えま

す。」と、自主的に声を掛けていました。皆で良い演技を見せようとする意欲が感じられまし

た。

児童には、「何事も自分たちでやり遂げていくんだ」という気持ちを大事にして取り組んでもらいたいと思います。

【4年生】エイサー練習



エイサーの練習風景です。

姿勢を落としてパーランク―をたたきます。

エイサーの「あしびなー」は完成に近づいてきました。

これからは、一つ一つの細かい動きを指導していきます。

この練習を通して、皆で一つのことを成し遂げることの良さを味わわせようと考えています。


【4年生】クリーンセンターの方が授業をしてくださいました!

今日は、クリーンセンターの方々が来られて、学校でゴミに関する授業をしてくださいました。

「ゴミをなくすには、どうすればよいか」ということの復習をしました。

この紙は、約13年も前から使われており、破れてくるとセロハンテープで張ったり、薄くなった字はペンで書きたしたりしているそうです。

とても小さくなった鉛筆も見せてもらいました。

うわ、すごい」と子供たちからは驚きの声が聞こえました。

最後には、クラスに「ゴミマスター」の称号が与えられました。

その日の4年2組の給食の時間では、少し残っている給食を見て、「えー、給食残ってるよ。残さず食べないと」と、「食べ残しをしない」ことに意識が向いていました。

今回の学習を通して、物を大切にして、ゴミを簡単にふやさないでほしいと思います。

まずは、自分の持ち物には全てきちんと名前を書くことから徹底して指導していきます。

【4年生】水道キャラバン!

6月23日(火)の5,6校時には、水道キャラバン(東京都水道局)がありました。

二人の職員によって、子供たちが楽しみながら学習できるようにお話していただきました。

川の水がどのようにして、綺麗になっていくのかを学習しました。この綺麗になった水は、家庭や公園に流れていきます。

実際に、「高度浄水処理」という仕組みの装置を使って、水のにおいが消えていく過程を知ることができました。

見るだけでなく、実際に体験して、自分たちで水を綺麗にしてみました。濁った水が、どんどん綺麗になり、「うわー、すごい!」と、子供たちからも嬉しそうな声が聞こえてきました。

この水道キャラバンでの学習を通して、川の水がどのようにして飲めるほどの綺麗な水になるのか学ぶことができました。

家では、当たり前のように蛇口から水が出てきます。しかし、川から家まで様々な工夫があって流れてきているのだと知ることができました。

【4年生】社会科見学に行ってきました!

6月12日(金)、4年生は社会科見学でクリーンセンターと浅川水再生センターへ行ってきました。

天候が不安でしたが、子供たちが出発するときには、雨も止み、安全に気を付けて向かうことができました。
 
まずは、クリーンセンターへ行きました。

ゴミがどのように集められ、どのように処分されるのかを学習しました。

ゴミをクレーンで持ち上げている姿を見て、「UFOキャッチャーみたい」という例えをしている子供もいました。

また、ゴミの多さにも驚いていました。

外では、ゴミ収集車ごと重さを計る装置がありました。

出発前と回収後の車の重さを比べることで、どのくらいゴミを回収したのか分かるということです。

子供たちもこの装置に乗ってみました。

「すごい、さっきの車より僕たちの方が重いよ」と、楽しみながら装置の仕組みを体験しました。

 

昼食の時間には雨が降り始めたので、水再生センターの施設の中で子供たちは、昼食をとりました。

午後は、水再生センターです。

雨水や家庭や工場から流れてくる水がどのようにして川や海へ流されるようになるのか学習しました。

最初の工程の段階では、水にはまだ匂いもあり、これからどのように綺麗になっていくのか子供たちも疑問に思っているようでした。

「うわ、これじゃアメンボも住めないな」と国語の学習で学んだことと繋げて考えている子もいました。

最後の工程では、実際に水を汲んでもらい、透明になった姿を見ました。

最初の水とは、全く違う変化に子供たちも驚いていました。

社会科見学では、多くのことを学び、そして考えることができました。

今回の社会科見学を通して、自分たちの住んでいるまちからゴミを減らそうという意識をもって行動できるようになってほしいと思います。

ゴミで一番多いのは、「生ごみ」だそうです。まずは、家の食事や学校の給食を残さず食べる子供たちを目指して指導していきます。

【4年生】遠足に行ってきました!

5月26日、4年生は、あきる野市にある「伊奈キャンプ場」に行ってきました。

天気が良くて気温も高く、暑い一日でしたが、子供たちで協力し合って「けんちんうどん」を作りました。

火おこし班と野菜班に分かれ、自分の担当の準備をしました。
 
包丁やピューラーを使って調理をしました。慣れない手つきでしたが、一生懸命頑張りました。

火おこし班では、煙に苦戦しながらも団扇をあおいで頑張って火をつけることができました。
 
出来上がったけんちんうどんをグループの皆で食べました。

子供たちからも「おいしい!」という声がたくさん聞こえました。

最後に皆で、河原の掃除をしたり水切り遊びをしたりしました。

帰りは予定時間よりも遅い時間となってしまいましたが、大きな怪我もなく無事に帰ってくることができました。

この遠足を通して、友達と仲良く協力して取り組むことの良さを実感することができました。

この経験を活かして、スポーツフェスティバルなどの行事でも友達と協力して取り組んでいってほしいと思います。

【4年生】「社会科見学~立川防災館~」&「6年生を送る会練習」

社会科見学で立川防災館に行ってきました。

煙体験や地震体験、消火訓練、防災のための映画視聴などを通して、

地震や火事が起きたときに、自分たちにできることを学んできました。

学校に戻ってきてから、グループごとに学んできたことを発表し、

分かったことをさらにしおりに書き込んでいました。

これから、学んだことを各クラスでまとめていきます。

 

そして、社会科見学から帰ってきた6時間目には、

「6年生を送る会」の学年練習がありました。

初めての通し練習でした。

台詞に選ばれた子供たちは、4年生の代表ということを自覚したようでした。

本番まで、あと2日です。

6年生に感謝の気持ちを伝えられるように、

明日の練習も頑張っていきましょうね!

【4年生】ランニング教室を行いました

晴天の中、ランニング教室を開催しました。

講師は、アテネオリンピック陸上4×400mリレー走者である伊藤友広先生と

JAAFジュニアコーチである井原直樹先生です。

速く走るコツをつかもうと、冷たい風にも負けず、子供たちは真剣に体を動かしていました。

速く走る際のポイントは、姿勢にありました。

ピンと真っ直ぐ体を起こして、前を見ること。

かかととつま先の使い方を意識すること。

 

今日、学んだことを毎週水曜日のランニングタイムに生かしていきたいですね。

【4年生】学年書初めを行いました

本日、1・2時間目に学年全体で書初めを行いました。

体育館の中は、手がかじかむような寒さでしたが、一人一人が寒さにも負けず真剣に臨んでいました。

一人4枚ずつ半紙が配られました。

一字一字の間隔を確かめるために、折り曲げてから、練習用の1枚を仕上げました。

その後は、自分のペースで一画一画を丁寧に、「とめ」や「はらい」に気を付けて書いていました。

自分が納得する書初めを提出した子供たち。

とても満足そうな顔でした。

 

寒い中、本当によく集中して書きました。

本日の書初めは、1月22日(木)~1月30日(金)までの校内書初め展で、各学級の廊下掲示板に展示します。

学校公開にいらした際に、ぜひ御覧ください。