学年・学級だより

カテゴリ:4年生

【4年生】手話学習

4年生では、3・4組は1・2時間目、1・2組は3・4時間目を使って手話の学習をしました。

めあて「手話に興味をもつこと。」

子供「手話をテレビで見たことあるよ」

手話を体験したことがある児童もいました。

      

手話の歴史を知ったり、友達と手話であいさつをしたりしました。



みんなで「ビリーブ」の曲に合わせて手話をしました。

学習の振り返りでは、「お母さんに手話で今日の夕食を伝えたいと思います。」

「今日、手話を体験してみて、耳の聞こえない人の苦労がわかりました」などの感想が出ました。

今日の体験を通して、今まで知らなかった手話にも興味をもってほしいと思っています。

【4年生】社会科見学


11月17日、4年生は社会科見学に行ってきました。場所は、東京スカイツリーと浅草です。

スカイツリーでは、どこに何があるか実際に見て調べました。「皆の住む日野市は、どの方向かな」
   

初めて登る子は、高いところから見る景色にわくわくした様子でした。



「うわー、怖い」「全然怖くないよー」

浅草では、伝統や文化を生かした町づくりについて学習しました。「どうして浅草をこんなに大切にしているのだろう」

   

グループに分かれて、ボランティアガイドさんに浅草について教えていただきました。

浅草のことを多くの人に知ってもらうために、このようにガイドさんが説明してくださいます。



1日だけでしたが、密度の濃い学習となりました。今日学習したことを明日からレポートにまと

めていきます。ぜひ、来月の保護者会の際にはご覧ください。

【4年生】演劇鑑賞教室

今日は、3・4校時に演劇鑑賞教室がありました。

影絵の美しさを見て学ぶ良い機会となりました。


開演前の様子です。皆、静かに待っています。
事前に各教室でも、「みんなが楽しく鑑賞できるように静かに聞こう。見づらくても、後ろの人に迷惑になるから、立つのはやめよう」と約束事を決めました。


今回のお話は「あらしのよるに」です。3年生のときに国語で学習したので、お話は知っていました。


後半では、児童が実際にキャラクターを動かしました。操作が難しそうです。

この演劇鑑賞教室では、物語を楽しむだけでなく、語り部の話し方や音響、光の照らし方など様々な仕組みがあることが分かりました。

この体験を感想文などに書かせて、国語の学習にも繋げていきます。

【4年生】子供まつり

今日は、子供まつりがありました。

これまで、クラスで話し合いを行い、何のお店にするか考えてきました。限られた時間で準備を行い、楽しいお店ができました。


1組は、「スプーキーカンパニー」というお店です。

好きな大きさのスプーンの上にピンポン球を乗せ、ゴールまで運ぶ時間を競います。
途中には、様々な障害物があり、行く手を阻みます。


2組は、「下水道&ゴミゼロワールド」というお店です。

下水道クイズやろ過の実験を通して、下水場の仕組みを説明します。学習したことを子供まつりでやってみようという新たな試みです。


3組は、「もの当てゲーム」というお店です。

箱の中身を手の感触だけで当てるというシンプルなゲームですが、意外と難しいです。



4組は、「スプーン伝説」というお店です。

コースが工夫されて作られており、ピンポン球を落としてしまう児童が多くみられました。
下級生から上級生まで多くの児童が楽しめる内容になっていました。

どの児童も自分の仕事に責任をもって取り組み、お客さんを楽しませていました。

【4年生】エイサー練習②



28日、5時間目にエイサーの練習をしました。

演技途中の掛け声も大きくなり、迫力のある演技に仕上がってきています。


さらに、エイサーリーダーは毎日、昼休みに集まり、皆の見本となるように頑張って練習しています。

あるクラスでは、今日エイサーリーダーから「明日、エイサーが苦手な人は、中休みに教えま

す。」と、自主的に声を掛けていました。皆で良い演技を見せようとする意欲が感じられまし

た。

児童には、「何事も自分たちでやり遂げていくんだ」という気持ちを大事にして取り組んでもらいたいと思います。