学年・学級だより

2022年3月の記事一覧

6年 図工 作品再現和菓子 販売のお知らせ

6年生が図工の時間に粘土で制作した「和菓子」の、

再現和菓子の販売詳細が決まりました。

東京多摩平の森 紀の國屋 本店(多摩平交番前)にて、

3/26(土)~4/10(日)の期間中、

受注販売していただけます。

ぜひ、お誘いあわせの上お越しになってみてください。

※写真は粘土作品の一部です。

5年 最高学年に向けて

 5年生としての学校生活も、残り一週間となりました。17日(木)には、卒業式に向けての会場設営や掃除等を5年生が行いました。「お世話になった6年生に、気持ちよく卒業してもらいたい!」という思いで、どの子も一生懸命に仕事をする姿から、高学年として過ごした一年間での大きな成長を感じました。

 また、18日(金)の卒業式予行練習に在校生代表として参加し、6年生の最高学年としての姿から、「自分たちも一年後はこうなりたい!」という思いをもちました。5年生の態度も大変立派で、たくさんの先生から褒めていただき、自分たちの成長を実感することができたことと思います。最高学年に向けて、自分たちで適切に判断し、行動できるように頑張っている5年生。今後の成長に、どうぞご期待ください。

5年 国語「大造じいさんとガン」

 今週から、5年生の国語の最後の学習である「大造じいさんとガン」に入りました。「たずねびと」の学習でも行った『リテラチャー・サークル』でタブレットを活用し、友達と関わり合いながら読みを深めたり、物語の優れた叙述に着目して自分の考えをまとめたりしています。学習の最後には、子供たち一人一人が物語の魅力をまとめていきます。今回の学習をとおして、物語の魅力を紹介する活動に関心をもち、自分の考えをまとめようとする態度を育てていきたいと思います。

6年 図工「和菓子をつくろう」

 6年生は、いよいよ最後の図工の題材となりました。伝統的な和菓子づくりに挑戦です。

自分の感じた「和」のよさや美しさ、季節感を考えて、粘土で色や形を工夫して表していきます。

和菓子の魅力の1つは、小さな形の中に季節の移り変わりや自然の風物を映しとって、召し上がる人々に季節を感じ取ってもらうことです。粘土ベラ等を使い、丁寧に表していきます。とても真剣に取り組んでいます。

出来上がった作品は、写真を撮って、鑑賞し合いました。

 なんと、和菓子店の紀の國屋さんが、実物の和菓子として再現してくださることになりました。

販売方法や日時など、詳しいことは後日お知らせいたします。お楽しみに。

NEW 2年 算数 「箱の形」

箱には、面が6つ、辺が12本、頂点が8つあることを学び、面を組み合わさてサイコロを作ってきました。今回は辺と頂点だけで箱を作ってみました。

粘土を頂点にして辺をストローや竹串で代用しました。

色々な大きさの箱の形を作り、頂点や辺の数を調べました。

 

5年生 国語「提案しよう、言葉とわたしたち」

 国語「提案しよう、言葉とわたしたち」では、これまでの友達や大人との会話や発表の経験から、話すときの「言葉」に注目し、そこから課題を見つけ、よりよい学校生活を送るための提案をする学習を行っています。6年生を目の前にした子供たち。目上の人との会話の中で、丁寧な言葉が使えなかったり、友達にしてもらったことに対して感謝の言葉を言えなかったりと様々な経験を積んできています。これらの経験をクロームブックのジャムボードというアプリを使って、友達と共有し、自らの課題を話し合いました。「言葉」を意識し、全員が6年生に向けて成長できるような提案スピーチを目指して、頑張っています。